donationb.jpg musicb.jpg cdb.jpg toolsb.jpg linksb.jpg

2012年10月22日

Havixbecker Blasorchester will play A Song For Japan in upcoming concerts!

ドイツのHavixbecker Blasorchesterが、来たる11月4日と11月18日の2つのコンサートで、A Song For Japanを演奏します。

On Sundays in November 2012 we will play two concert.
One highlight will be "A Song for Japan" for trombone and windband!
posted by asfj at 00:00| トピック topics

2012年10月19日

A Song For Japan by 100 players of the Japan Association of Trombone!

日本トロンボーン協会による総勢100名のA SONG FOR JAPAN!
A Song For Japan by 100 players of the Japan Association of Trombone!!

世界中の皆様、日本の為に祈ってくださり心から感謝申し上げます。

2012年3月11日 第14回トロンボーンアカデミー&フェスティバル
全員合奏"A Song for Japan"(主催:日本トロンボーン協会)

この日は、あの悪夢のような東日本大震災からちょうど1年となる節目の日でした。
私たち日本トロンボーン協会では、イベントのフィナーレとなる全員合奏で"A Song for Japan"を演奏し、亡くなられた皆さまへの鎮魂と、今なお復興に向けて頑張っている被災地へエールを送ろうと考え、出演者および観客の皆さまに呼びかけて、総勢約100名で演奏いたしました。

世界中の皆さま、日本をこれからも応援よろしくお願いします。

ソロ:加藤直明(テナー)、村上準一郎(バス)
指揮:井上順平(日本トロンボーン協会会長)

www.jat-home.jp/

People all over the world, We sincerely thank you very much for praying for Japan.

11th of March 2012
The 14th Trombone Academy & Festival (Presented by the Japan Association of Trombone) performed "A Song for Japan"

This was a memorable day - one year anniversary of the nightmarish huge 3.11 disasters. In the end of the festival we 'JAT' played "A Song for Japan" as a requiem for the victims and hearty cheers to the affected people who are still on missions to reconstruction. We called players and audience to play together, and finally nearly 100 people altogether attended to play.

People from all over the world, thank you very much for continuous support to Japan.

Solo: Tadaaki Kato, tenor / Jun-ichiro Murakami, bass
Conductor: Junpei Inoue, Chairman of the Japan Association of Trombone



posted by asfj at 00:00| トピック topics

2012年10月15日

Join a concert in Iwaki with your trombone!

福島県いわき市・「子アンパン」より演奏者募集!
"Ko-Anpan" from Iwaki, Fukushima Pref. asks your participation in their ensemble concert!!

【弥平四郎アンパンヤブラスアンサンブルアカデミー 「子アンパン」(トロンボーン4重奏) 5thコンサート】

日時: 2012年11月10日(土) 17:00 開演(16:30 開場)
会場: いわき芸術文化交流館「アリオス」 音楽小ホール
入場料: 無料
曲目: メモリーズ(高嶋圭子), 亜麻色の髪の乙女(ドビュッシー), 組曲「心色 -HISAISHI-」より(久石譲), 私を酔わせて三章(福島弘和) 他

※プログラムの最後に【トロンボーン大合奏】を開催します。演奏曲目はS.フェルヘルストの「A Song for Japan」です。トロンボーンが吹ける方なら、年齢・経験問いません。約20人程度募集しています。楽譜は8重奏版を使用します。

お問い合わせ、参加お申し込みは、nike_yabea@yahoo.co.jpまでメッセージくださいませ。
http://sound.jp/yabea/

The Yahei-Shiro Anpan-ya Brass Ensemble Academy from the Iwaki City, Fukushima-Pref. Japan will have a concert with their trombone quartet "Ko-Anpan" in the hall Alios (small) on the 5th of November. The program includes works by K.Takashima, C.Debussy, J.Hisaishi, H.Fukushima and the Ko-anpan is planning to play A SONG FOR JAPAN with a larger ensemble for the end of the concert. Your playing skills, age and experience do not matter. Interested? Email to nike_yabea@yahoo.co.jp to apply or for questions.
posted by asfj at 00:00| トピック topics

2012年10月02日

The 26th Brass Ensemble Festivalin Shonandai Cultural Center, Kanagawa Japan!

第26回ブラスアンサンブルフェスティヴァルのお知らせ
The 26th Brass Ensemble Festivalin Shonandai Cultural Center, Kanagawa Japan

日本アマチュアブラスアンサンブル組織(NABEO)からのご案内です。
「10月6日〜8日に湘南台文化センター市民シアターで開催される第26回ブラスアンサンブルフェスティバルの第一日目"Viva! Trombone2012"において、A Song For Japanを演奏させていただきます。2年前の"Viva! Trombone2010"のときには、こんな災害が起こるとは想像できませんでした。なんの心配もなく、「では、また2年後に」と話したその2年間に信じられないことが起きました。今、生きていることは決して当たり前のことではなく、それ自体が一種の奇跡であるということ、だからこそ、一瞬一瞬を大切にすることを学びました。
こうして音楽ができる幸せに感謝しながら、被災地の復旧、復興を願い、当コンサートの冒頭にこの曲を演奏します。」

A message from the Nippon Amateur Grass Ensemble Organization (NABEO)
"We will perform A SONG FOR JAPAN at the 26th Brass Ensemble Festival "Viva! Trombone 2010" in Shonandai Cultural Center in the Kanagawa Pref. Japan on the 6th-8th of October. When we had the last festival in 2010, we all said "See you in two years!" and none of us imagined that such terrible catastrophe could possibly happen. Anything could have happened to everyone of us anytime. I fell it like a kind of a miracle that I am alive now. We all learned that it was impotant to appreciate every moment of our lives. We would like to thank for happiness of being able to play and enjoy music and send best wishes of Tohoku Area's recovery and rebuilding by playing this song at the beginning of the festival.
posted by asfj at 00:00| トピック topics