donationb.jpg musicb.jpg cdb.jpg toolsb.jpg linksb.jpg

2011年11月23日

Sydney Symphony Orchestra trombonists performed "A Song For Japan" as an encore of the orchestra concert!

オーストラリアのシドニー交響楽団が11月10日に東京のNHKホールで行った公演では、3600席が満席となり、アシュケナージ指揮、エフゲニー・キッシンのショパン・ピアノ協奏曲第1番と2つのアンコール〜スケルツォ第2番と子犬のワルツ、そして休憩後のラフマニノフ・交響曲第2番の名演に酔いました。

その後、アンコールとして、同オケの4人のトロンボーン奏者たち〜ロン・プラッシング、スコット・キンモント、ニック・バイルン、ブレット・ページ〜がオーケストラの前方で心に染みいる感動的な"A Song For Japan"を演奏しました。テューバ奏者のスティーヴ・ロッスによって、このアンコールについて日本語で(!)紹介がありました。その日本語スピーチを英語に直すと、こんな感じだったようです。(それを再度日本語に直すとおそらく奇妙なことになるので、そのままにしておきます)

"Ladies and Gentlemen ? honoured guests. Please forgive this unusual finale to a concert.? We want to thank you for making the Sydney Symphony so welcome in your country. We could not complete the tour without expressing both our sympathies for the events of March this year and the admiration of all Australians for the way that you responded as a Nation.
Our Prime Minister was the first world leader to visit after the catastrophe to express the compassion of our country.? Now we, on behalf of all Australians, would like to express to you, as representatives of the Japanese people, both our compassion and respect by performing for you a composition written in April this year as a gift to Japan for trombonists around the world to show their sorrow, goodwill and to offer strength for the future.
The trombonists for the Sydney Symphony will now perform for you The Song for Japan."

公演の模様はNHKラジオで全国に生放送され、在日オーストラリア大使のブルース・ミラーさんと日本文化庁長官・近藤誠一さんも聴衆としておいでになりました。

sydney in japan.jpg

posted by asfj at 00:00| トピック topics