donationb.jpg musicb.jpg cdb.jpg toolsb.jpg linksb.jpg

2015年04月25日

A SONG FOR JAPAN from Arizona!

アリゾナ州立大学デザート・ボーンズ・トロンボーン・クワイヤーが4月13日にA SONG FOR JAPANを演奏しました。ダグラス・ヨー氏が編曲した、テナー・トロンボーン、バス・トロンボーン、オクテットのためのバージョンです。

Arizona State University Desert Bones Trombone Choir
Douglas Yeo, Professor of Trombone
Ryan Haines, tenor trombone solo
Douglas Yeo, bass trombone solo
Emily Rozanski, conductor

The Arizona State University Desert Bones Trombone Choir gave a performance of "A Song for Japan" on April 13, 2015. They played a version Mr Douglas Yeo adopted for tenor and bass trombone solo with 8 part trombone choir accompaniment.

posted by asfj at 00:00| Comment(0) | トピック topics
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: