donationb.jpg musicb.jpg cdb.jpg toolsb.jpg linksb.jpg

2014年11月17日

A SONG FOR JAPAN by 5 trombonists from 5 different bands of the Japan Ground Self-Defense Force!

先週開催された、自衛隊音楽祭り2014の千秋楽、最終公演からの映像です。
以下に演奏された団員さんのコメントをご紹介させていただきます。

「陸上自衛隊の5方面音楽隊(北部・東北・東部・中部・西部)から1名ずつ選出したメンバーで「A Song for Japan」を演奏しました。
4日間リハーサル公演含め8回の公演を同じクオリティで演奏することの難しさを痛感しましたが、なにより、演奏中は自らも、また家族も被災し、かつ災害派遣任務に従事した私としては、当時のことを思い出してしまい、つい歌い方にその時の感情が出てしまう難しさにも直面しました。そもそも、この曲を演奏する気持ちになれたのは、被災後2年過ぎた頃です。同僚たちと「そろそろ演奏してみようか」という思いで吹いたのですが、演奏する気持ちになったこと、またこんなに良い曲であると実感できたのも、ようやく復興の兆しが見えたからこそだと思います。」

A live recorded video of the Japan Ground Self-Defense Music Festival in Tokyo last week!
A comment by one of the members;
"Five trombonists from five different bands of the Japan Ground Self-Defense Force gathered together to play A SONG FOR JAPAN at the Music Festival. It was not easy to play in the same quality at eight concerts, but we hope we made it.
However, as a one whose family was affected by the Tsunami disaster and who has been dispatched to the disaster sticken areas at that time, often while playing I happened to remember those days and face some difficulties of being too emotional to play. Primarily it took me more than two years to start feeling like playing this song. With my colleagues we thought it was about the time to finally try to play it. We came to this thought and were able to feel that this song was so beautiful, probably because we have finally come to the point where we can see some sort of signs that recovery has come closer."

posted by asfj at 20:50| トピック topics

2014年11月12日

MOVE ON! The Japanese Self Defence Music Festival in Budokan!!

jieitaimatsuri2014.jpg

平成26年11月13日(木)〜15日(土)武道館で行われる無料のコンサート「平成26年度自衛隊音楽まつり」が開催され、5名の自衛隊音楽隊員トロンボーン奏者によって「A SONG FOR JAPAN」が演奏されます。

今年のテーマは「前へ MOVE ON 〜強き、絆の響き。熱き、仁の力動〜」。
自衛隊音楽まつり50回目、自衛隊創隊60周年の大きな節目の年であるからこそ、振り返るのではなく前へと進む姿を表現しています。
サブタイトルの「強き、絆の響き」は、陸海空統合の絆、同盟国や世界との絆及び自衛隊と国民との絆を表現しています。「熱き、仁の力動」は、人間関係の基本である「仁(他人に対する親愛の情、優しさ)」をもって力強く前へと進む様子を表現しています。
「MOVE ON」(「前へ」の英訳)は、諸外国に向けたキーメッセージです。

自衛隊と言えば、東日本大震災の活動等を報道でもご覧になられているかと思いますが、このコンサートでは「もっとしてあげたかった」隊員の想いをのせてA SONG FOR JAPANが演奏される予定です。

http://www.mod.go.jp/gsdf/event/music_festival/music_festival_26.html








posted by asfj at 00:00| トピック topics

2014年10月08日

The Tama Trombone Ensemble plays A Song For Japan!

多摩トロンボーンアンサンブル 第22回定期演奏会のご案内です。

日時:2014年10月12日(日)
18:30開場/19:00開演
会場:めぐろパーシモンホール 小ホール
入場無料
トロンボーン・監修 山田裕治

Program
三匹の猫より/C.ヘイゼル
オペラ座の怪人/A.L.ウェーバー
A Song For Japan/S.フェルヘルスト
Trinity/J.ノレ
ラ・ペリのファンファーレ/P.デュカス

http://tamatrb.client.jp/index.htmltama2014.png
posted by asfj at 00:00| トピック topics

2014年09月06日

A message from Douglas Yeo at the 20th Hamamatsu International Wind Instrument Academy & Festival!

第20回浜松国際管楽器アカデミー&フェスティヴァルの講師ダグラス・ヨー氏からのメッセージです!
A message from Douglas Yeo at the 20th Hamamatsu International Wind Instrument Academy & Festival!

8月8日、第20回浜松国際管楽器アカデミー&フェスティヴァルのサヨナラパーティが開催されました。山本浩一郎氏(シアトル交響楽団)とダグラス・ヨー氏(アリゾナ州立大学)が、アカデミーに参加した16名の受講生たちとともにA SONG FOR JAPANの演奏を披露し、2人はソリストを務めました。
「パワフルで意思の強い演奏で、聴衆のみなさんからも大きな反応がありました。日本の人々に捧げる演奏に16人の生徒たちと取り組んだ喜びをお伝えしたく、その模様を収めた写真をお送りします。」
ダグラス・ヨー

On the 8th of August was the farewell party for the 20th Hamamatsu International Wind Instrument Academy and Festival. Mr. Ko-Ichiro Yamamoto (Principal trombone, Seattle Symphony) and Mr. Douglas Yeo led a performance of "A Song for Japan" with our students, with Ko-Ichiro and Douglas as soloists.
"It was a powerful, strong performance with a great response from the audience. Here is a photo from the performance. I wanted you to know of the joy we all had (with our 16 students) in playing this great piece for the people of Japan."
- Douglas Yeo

dougyeo.jpg

posted by asfj at 00:00| トピック topics

2014年04月17日

Brass Ensemble Bliss performed A Song For Japan at the debut concert!

ブラス・アンサンブル・ブリッス第1回コンサートのA SONG FOR JAPANをお寄せいただきました!
Brass Ensemble Bliss performed A Song For Japan at the debut concert!

Brass Ensemble Blissブログより〜
「東日本大震災の被災地・被災者を応援し、お亡くなりになった方への追悼の曲"A Song For Japan"は、この日の演奏の中で特に良い演奏が出来ました。この曲はこれまで100回、200回と練習してきましたが、このようなステージで、ちゃんと演奏出来たことで、主宰する私も、吹きながら泣きそうになってしまいました。ふと演奏中に客席を見てみると、何名かのお客さんが涙しているのを見てしまい、こちらも感極まってしまいました…。
細かいミスはありますが、今のBlissに出来る、全力の演奏です。」
Brass ensemble Bliss
http://blog.livedoor.jp/bliss_ensemble99-bliss99/

Flgn:Yutaka Nakano, Tomoko Endo, Tomonari Tanaka
Hr:Masayoshi Kobayashi, Moemi Suzuki
Trb:Masanori Yoshikawa, Yoshimi Nakano, Kazuhito Fujihira
Location : GreenStudio ichikawa-city in Japan
Date : 29. March 2014

posted by asfj at 00:00| トピック topics