donationb.jpg musicb.jpg cdb.jpg toolsb.jpg linksb.jpg

2015年02月08日

A SONG FOR JAPAN Trombone Quartet & Organ Version!

musicb.jpg

トロンボーン・カルテット・ティンツが2013年6月に初演した、高嶋圭子氏編曲による「トロンボーン・カルテット・ティンツ&オルガン」版のA SONG FOR JAPANのスコアをお寄せいただきました。
楽譜のページからフリーダウンロードでご利用いただけます。

A Song For Japan Trombone Quartet TINTS & Organ Version arranged by Keiko Takashima and premiered by the TINTS in June 2013 is now available for free download!





posted by asfj at 00:00| 楽譜 sheet music

2014年12月24日

A Song For Japan at the Lätzsch Trombone Festival 2014!

LTF2014.jpg

12月17日〜21日にオランダとドイツの国境を跨いで開催された第3回レッチェ・トロンボーン・フェスティヴァルのメインコンサート「ナイト・オヴ・ブラス」の最後の演目として、A SONG FOR JAPANが演奏されました。
この地域を代表するビッグバンド「ミレニアム・ジャズ・オーケストラ」とフェスティヴァルの講師陣・参加者たちが総出演し、指揮者ヨアン・ラインダースが特別に編曲をしたバージョンを奏でました。フェスティヴァル側の配慮により、会場のロビーではA SONG FOR JAPANグッズ募金のTシャツやステッカーの販売も行われました。
スコアは間もなくこのサイトでシェアされる予定です。

2014年12月20日@メトロポール(ヘンゲロー、オランダ)

出演:
ゾルタン・キッス
ジグス・ウィグハム
キャロル・ヤルヴィス
清水真弓
ディルク・エラーカンプ
ペーター・ファン・クリンク
マーティン・ファン・デン・ベルク
ブラント・アッテマ
55名のフェスティヴァル参加者のみなさん
ミレニアム・ジャズ・オーケストラ
指揮・編曲:
ヨアン・ラインダース

Final tune at 'Night of Trombones' the main concert from the Lätzsch Trombone Festival 2014
(December 20th. 2014, Metropool, Hengelo, The Netherlands)

Trombones:
Zoltan Kiss
Jiggs Whigham
Carol Jarvis
Mayumi Shimizu
Dirk Ellerkamp
Peter van Klink
Martin van den Berg
Brandt Attema
55 Participants Lätzch Trombone Festival
Millennium Jazz Orchestra
Conducted & arranged by Joan Reinders



posted by asfj at 00:00| トピック topics

2014年12月01日

More black T-shirts have been printed again!

donationb.jpg

グッズ募金でお取扱いしておりました黒色Tシャツの一部のサイズが売り切れておりましたが、リクエストにお応えして増刷いたしました。現在、すべての色・サイズが再びご利用いただけるようになっております。
また、ステッカーもさらに2千枚を増刷いたしました。すでにプロジェクト発起時からの通算で1万枚を突破しております。ご協力をいただき、ありがとうございます。
今後とも末永い演奏活動とともに、よろしくお願い申し上げます。

Since some sizes of the black T-shirts were sold out, we have re-printed them again. Right now all the colors and the sizes are in stock.
We also made 2,000 more stickers. In total more than 10,000 sheets from the beginning of the project.
Thank you all for your continuous music playing and great support to our project!!

Tshirts3colors.jpgStickersample.jpg
posted by asfj at 00:00| グッズ募金 donation

2014年11月26日

LÄTZSCH TROMBONE FESTIVAL 2014 will perform a new arrangement of A SONG FOR JAPAN!

12月にオランダとドイツで開催される「レッチェ・トロンボーン・フェスティヴァル 2014」で、ヨアン・ラインダース氏が編曲を担当した、8人のトップソリスト、ミレニアム・ジャズ・オーケストラによるファンク&ジャズ奏者たち、60人の参加者によるA SONG FOR JAPANが初演されます。
日時:2014年12月20日
場所:メトロポール(ヘンゲロー、オランダ)

詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。

- LÄTZSCH TROMBONE FESTIVAL 2014 -
http://www.nightoftrombones.com/

WITH A BRAND NEW 15 MINUTES ARRANGEMENT FROM 'A SONG FOR JAPAN' (by Joan Reinders)
Slow beginning with our 8 top trombone soloists, funk and Jazz with the Millennium Jazz Orchestra and an apocalyptic end with all our 60 trombone participants.

A must for every brass player: 'NIGHT OF TROMBONES' International trombone power on stage with our own Dutch 'Millennium Jazz Orchestra'.
DATE: December 20th. 2014 / PLACE: Metropool Hengelo, The Netherlands.

LAETZSCH TROMBONE FESTIVAL 2014.jpg

posted by asfj at 23:56| トピック topics

2014年11月17日

A SONG FOR JAPAN by 5 trombonists from 5 different bands of the Japan Ground Self-Defense Force!

先週開催された、自衛隊音楽祭り2014の千秋楽、最終公演からの映像です。
以下に演奏された団員さんのコメントをご紹介させていただきます。

「陸上自衛隊の5方面音楽隊(北部・東北・東部・中部・西部)から1名ずつ選出したメンバーで「A Song for Japan」を演奏しました。
4日間リハーサル公演含め8回の公演を同じクオリティで演奏することの難しさを痛感しましたが、なにより、演奏中は自らも、また家族も被災し、かつ災害派遣任務に従事した私としては、当時のことを思い出してしまい、つい歌い方にその時の感情が出てしまう難しさにも直面しました。そもそも、この曲を演奏する気持ちになれたのは、被災後2年過ぎた頃です。同僚たちと「そろそろ演奏してみようか」という思いで吹いたのですが、演奏する気持ちになったこと、またこんなに良い曲であると実感できたのも、ようやく復興の兆しが見えたからこそだと思います。」

A live recorded video of the Japan Ground Self-Defense Music Festival in Tokyo last week!
A comment by one of the members;
"Five trombonists from five different bands of the Japan Ground Self-Defense Force gathered together to play A SONG FOR JAPAN at the Music Festival. It was not easy to play in the same quality at eight concerts, but we hope we made it.
However, as a one whose family was affected by the Tsunami disaster and who has been dispatched to the disaster sticken areas at that time, often while playing I happened to remember those days and face some difficulties of being too emotional to play. Primarily it took me more than two years to start feeling like playing this song. With my colleagues we thought it was about the time to finally try to play it. We came to this thought and were able to feel that this song was so beautiful, probably because we have finally come to the point where we can see some sort of signs that recovery has come closer."

posted by asfj at 20:50| トピック topics